妻と夫の事情

女性向けモニターサイト【Japamoni】

どうすればそんなに汚せるの?旦那の後のトイレ、汚すぎ!

 
ぽん
WRITER
 



この記事を書いている人 - WRITER -
ぽん
現在育休中の保育士! 一番手のかかる長男(旦那)笑 2歳と0歳の男の子のママです(^^♪ 家事育児について日々旦那とバトルしてまーす!笑

旦那の入った後のトイレ・・・。
結構な頻度でなんでこんな汚せんの?とイラッとします、私。
同じように用を足すだけなのに。
出すもの一緒なのに。笑
世の中の奥さま、これ一度は思ったことある方多いんじゃないでしょうか?
私許せないんですよね。これ!ほんっとーに!
体の仕組み? 座り方? 立ち位置?
 笑
今日は旦那のトイレの使い方の悪さについて書いていきたいと思います。笑

 

トイレを汚トイレにしないで!!

男性ってほんとにトイレを汚すの得意ですよね~。(みんながみんなと言うわけではありませんが・・・。)
本人たちは自覚がないんでしょうが、そのトイレ、思っているより汚れてますよ!!

一人暮らしをしていたときには「トイレがくさい」と思ったことはなかったのですが、結婚後にはトイレに芳香剤を置くようになりました。
当時は新婚だったこともあり「トイレを使う人が増えたからかな」と気楽に考えていたのですが、あるテレビ番組で立ったまま小便をするとおしっこが床にも壁にも飛び散りニオイと汚れの原因になると知り衝撃を受けました。(テレビの内容は、壁と床に水が付くと変色する紙をはり、男性が立った高さから便器に向かって一定の水をそそぐもので、結果は悲惨なものでした)

(中略)

こまめに掃除をすればいいだけの話ですが、お風呂上り直後にトイレの床が汚れていると「このキレイな体でトイレの床を拭くのか」とテンションが下がります。
また、毎日床を拭いているのに毎日床に水滴が落ちている状況もストレスに感じます。一番がっかりするのは夫が使った後のトイレに子どもが入って、足の裏にその水滴が付着してしまったときです。

引用:井戸端会議

子どもの足の裏に旦那のおしっこ・・・。
考えただけで鳥肌立ちます・・・。
何も分からない子どももかわいそうだし、その足で家中歩き回られてると思ったら・・・。
そして芳香剤。私も結婚してからは欠かせなくなりました。

夫がトイレを汚して困っています。

夫がトイレに行くと必ずといっていいほど汚してきます。小の方を便座の縁や床にこぼし、大の方は内側の縁にとびちらせたり、底に残っていたりと、嫌になります。なんどか言って掃除をしてもらったのですが、毎回はしてくれません。私が掃除した矢先に汚されたりするのでやる気をなくします。夫から「わざと汚してるわけじゃない!」とか逆切れされたこともあります。こっちだって、{毎回汚すの分かってるんだったら掃除しろよ!}と心の中で思いましたよ。

引用:Yahoo!知恵袋

汚すのは100歩譲って仕方ないとして、掃除は自分でできないの?って思いますよね。
子どもじゃないんだから!

小便の後は十中八九尿滴が床に3滴以上あります。
大便後は便器の至る所に糞が飛んでそのままです。

「お願いだから自分の汚物は自分で始末してほしい。掃除してもすぐに汚れてて、悲しい。自宅なのにまるで公衆トイレのようで落ち着かない。まだ若いのに『老人介護』の四文字がちらついて悲しくなる」と懇々と説明すれば「ごめんね」と心底申し訳なさそうにしょんぼりします。昔は冗談めかして「んも~、キレイにしてネ!」とか「すぐに汚れを取らないとウンコって化石化して労力アップなんだよ~。(へぇ~、じゃあすぐきれいにしなきゃね、とは言う。言うがやらん。やれよ。)」とか「座ってするといいんだよ~(これは嫌らしい)」とかやってたのですが・・・・。あまりにも覚えが悪すぎて、最近では切々と悲しさを訴える作戦に出てるのです。注意すれば一週間くらいはいくらかキレイに使ってくれます。しかし持って2週間です。悲しそうな顔を見るのがツライので、できるものなら言いたくはありません。しかし半年に一度の割合で汚くて臭いトイレへの憎しみとやるせなさで我慢の限界がきます。

ちなみにトイレには「大便後は確認しましょう」「もう1人トイレを使ってる人がいますよ」と、陰険にならないようイラスト付き張り紙をしています。毎月言葉は変わります。

引用:教えて!goo

ちょっと読んで笑っちゃいました。笑
でも言いたいことはすんごーーく分かります!
壁に張り紙。これで意識してくれるならいいんですけどね。

どうしてそんなに汚せるの?

うちの旦那も例外じゃありません。
旦那が入った後のトイレに入ると、床やマットが濡れてることあります、あります!
便座の上に1滴2滴落ちてることあります、あります!
我が家はトイレを使うのが2歳の長男と私と旦那なんですが、旦那が一番汚してます!
女性でそこまで毎回汚す人はめったにいませんよね。
なんでこんなにも汚れるのか・・・。

トイレが汚れる法則

立ちションは汚トイレのもと!

結婚前、実家に住んでいた頃の話。
私の家族は5人家族で、男家族は父と弟がいたのですが、トイレが汚れてる!とか臭い!とか思ったことはありませんでした。
自分が掃除していた訳じゃないので、そこまで目が届いてなかったのかもしれないですが・・・。
高校生の時に新しく建て直した我が家、当然トイレも男性陣は汚さないように気を使っていたのでしょう。
トイレをする時も、いつも座ってできるだけ飛ばさないようにしていました。
それは習慣化して今でも。
私、実家がすごく近くてほぼ毎日実家に行くのですが、今でもトイレ汚いな~なんて思うことありません!
芳香剤が置いてあるのも見たことないなぁ~。

反対に旦那の実家。
結婚前から付き合いの長かった私たちは昔から旦那の実家にもいってよく遊びに行ってました。
昔はあんまり気にしたことなかったのですが、今思えば旦那の家のトイレはいつも臭いとは言わないものの、快適なにおいではなかったように思います。
実際、
今行っても芳香剤でごまかしてる感がある。笑
旦那は四人家族でお義母さん以外、全員男だったのでトイレの使い方に気を付けようなんて人はいなかったのでしょう・・・(^^;

やっぱり立ちションは汚トイレのもと!だと思いませんか?

旦那の言い訳

「立ちションしないで!」
私も旦那にお願いしたことあります。
その時、旦那はこう言いました。
「あのなぁ~お前。男は立ってしな、精子が減るんやぞ?」

・・・?はい?こいつ何言ってんの?」でした。笑
どこに根拠のある話なのか・・・。
本気でこいつは何を意気揚々とこんなこと言うてんねん!と呆れました。笑
調べてみたところ、そんなネット記事もたま~に出てきますが、医学的に根拠のある記事は私が探したところないんです!
あるのは、男性が書いてるブログ的なのばかり・・・。
これも悪魔で女性側の意見ですが、男性諸君!
都合の良いように解釈していませんか??

汚したらすぐ掃除!がキレイの秘訣

アフターフォローが大事

とは言っても、体の構造も違うわけで多少なりとも汚れてしまうことは仕方ないと思うんですよね。
ここで大切なのはアフターフォロー
と言っても、毎回洗剤を使って掃除しろ!とかそんな大袈裟なことではありません。
飛んだり落ちちゃったのを、ティッシュでちょっと拭き取ってくれるだけでいいんです。
それだけのことをせずに放っておくから、時間がたつと臭くなったり洗剤のいるような汚れになっちゃうんですよ!!!
っていうことです。
これって自分が常に掃除するべき立場だと思っていないと、汚さないでおこうとか意識することって難しいと思うんですよね。
世の中の旦那さん、これに気付ける人、何人くらいいるんだろう?って思います。

もちろんうちの旦那も掃除しません!
汚れてるし拭いてきて!!って言っても拭くのは言われたときだけ。
しかも、必殺後回しでそのまま放置、もしくは手遅れな場合も多々。
二言目には

あ、汚れてた?気付かへんかった~

とぬかす。
ちょ、待て。一回言われたら普通は気、つけるやろ!!!!!
と、本気でしばき倒したくなる瞬間です。

まずは意識することから!

自分の部屋にジュースを3滴でもこぼしたら拭きますよね?
車の中にジュースを3滴こぼしちゃったら、放っておきますか?拭きますよね?
そんなことより、まずはこぼさないように意識しますよね。

トイレを掃除する私たちにとっては、トイレだって同じことです。
少しでも掃除しなくていいように、汚さないように使います。
誰かがやってくれるでしょなんてそんな甘い考えは捨ててください!
私は旦那にいつも思います。

おいおい。こんなにかわいい嫁にお前の汚物、掃除さして何も思わんのかい。

と。

すいません。かわいいとは思ってません。笑

旦那の意識改革!

2人で頑張って買った家をキレイに保つためにも、何より大切な私(嫁)のためにも、まずは意識することからはじめてほしいな~と思いながら、今日も口うるさく旦那に抗議する私なのでした。
我が家は今のところ4人家族のうち、3人が男。
上の子は飛ばさないように上手に座ってトイレをしてくれます。
下の子のトイトレはまだまだこれから・・・。
小さいうちからしっかりしつけて、ちゃんと意識できる大人に育てようと思ってます!笑

この記事を書いている人 - WRITER -
ぽん
現在育休中の保育士! 一番手のかかる長男(旦那)笑 2歳と0歳の男の子のママです(^^♪ 家事育児について日々旦那とバトルしてまーす!笑











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 妻と夫の事情 , 2017 All Rights Reserved.