妻と夫の事情

旦那の理解不能なところ、なぜすぐに頼んだことをやってくれないの?

 
ぽん
WRITER
 
hayaku



この記事を書いている人 - WRITER -
ぽん
現在育休中の保育士! 一番手のかかる長男(旦那)笑 2歳と0歳の男の子のママです(^^♪ 家事育児について日々旦那とバトルしてまーす!笑

「今やって!て言うてるやん!」
これ、我が家で毎日聞く言葉ランキング3位くらいに入ってる言葉です~。
もちろん、その相手は旦那!
世の中の奥さん達、旦那に「~してくれへん?」とお願いして、すぐに行動にうつしてくれますか?
我が家の旦那は、9割くらいの確率ですぐには動いてくれません・・・。
皆さんの旦那さんはどうでしょうか??

 

なんでもかんでも後回し!

我が家の旦那は後回し大好き人間です。
やるべきことを終わらせてから、ゆっくりすればいいのに、基本的になんでもかんでも後回し!
私自身、後回しが大嫌い
いや、分かるんですよ?今やりたくないなあ~って時があること。
もちろん、私だってあります。後回しにすること。
でも、後回しにしていいことと、してはいけないことってあるじゃないですか?
全部全部後回しにしてると、絶対何かやらなければいけないことが忘れられてる!ってことが多いと思います。
いや、実際多いです・・・

洗い物後でちゃんとやっとくし!

我が家の旦那は帰宅が遅いので、帰宅後22時くらいにご飯を食べることが多いです。
私は子どもたちと先に夕食をすませているので、旦那一人が食事する感じなのですが、共働きの我が家では、自分の食べた後の食器は自分で洗うというルールでやっています。
(例外ももちろんあって、旦那が食後、お風呂に入ってる間に洗っておいてあげることもあります)

旦那が帰って来るまでに、私は調理に使った物(フライパンなど)、私と子どもの食器は洗っておくんですよ?
旦那は自分の分だけ。
なのに!なのに!なのに!

あ~なんか腹いっぱいやしちょっと休憩してから洗い物しよ

は?ちょっと待てよ。
私は仕事終わって保育園にお迎えに行って、夕食の準備して、子どもたち食べさせて、洗い物して、洗濯もの取り込んで、お風呂に入れて寝かしつけて、それで洗濯畳んで・・・。
って座りたくても座ってる暇もないまま用事してるのに?
お前は休憩すんの?しかも、洗い物しかすることないのに?

と心の中では、めっちゃ思ってますが一日働いて帰ってきてるし・・・。
と自分に言い聞かせ(私もですけどね!)用事してると、聞こえてくるんですよね。
奴のいびきが。


これ、お決まりパターンなんですよね。
ここでプッチーン!はい。

今やって!て言うてるやん!

になるわけです。

 履かへん靴は片付けて!!!

これもよくある日常の話。
うちの旦那は履いた靴は出しっぱなし。片付けない!
先週は結婚式に行ったので結婚式用の靴。
平日に休みがあったので普段履きの運動靴、車にいつも積んでる靴、車から履いて降りてきたサンダル、いつも履いてる革靴。
玄関は旦那の靴だらけでした・・・。

ちょっと外へ出る時のサンダル、その日履いた靴なんかは、私も子どもも玄関に出したままにしてますよ?
でも、旦那の靴だけが5・6足。
お前の足は何本あるねん!と言いたくなります・・・。

ベビーカーも置いてあるし、我が家の玄関はそんなにだだっ広い訳でもない。
玄関だから開ければ外からも見える
いつも私はせっせと旦那の靴も片付けていたのですが、この間思いました。
このままでは、一生私がこいつの靴を片付け続けなければならない・・・。
このままではあかん!!!ってことで、旦那に言いました。

「なーあんた、ちょっと履かへん靴は片付けーや!」と。
旦那の返事は「おー分かった!片付けとくわ~!」
そう言って仕事に出かけて行ったのです。

 

片付けた!!・・・訳ないですよね

その後保育園に送って行くのに玄関に行って目を疑いました。
私がさっき見た時と何ら変わりのない光景が・・・。
旦那の革靴が減っただけ。おい、履いて行っただけやんけ。

で、そのままにしておくことにしました。
毎日旦那に声をかけました。
履かへん靴、片付けてや!」と。
結局、靴が片付いたのは1週間後!!!!
しかも、最後に片付けてって言った後の旦那の一言は「別にいいやん!誰もこーへんやろ。

はいぃぃぃぃぃ??
そういう問題ですか?誰か来なかったら家、片付けませんか?
玄関散らかっててもいいですか?
それって、部屋の中に落ちてるゴミをそのままにしておくのと一緒ですよね。
本当に旦那に呆れて一瞬私の時が止まりました・・・。

 

なぜすぐにやってくれないのか?

誰かがやってくれる

ケンカ
なぜ、すぐに頼まれたことをやってくれないのでしょう?
まぁ、めんどくさいからですよね。
それに自分がやらなくても、最悪誰かやってくれる人がいる・・・なんて思いがあるからじゃないでしょうか?
むしろ、いつも旦那が汚いなとか思う前に私が片付けてしまうから、汚いことにも気づいていない。
そもそも汚いと思う基準が私とかけ離れてるんで、気にならないんでしょうね・・・。
ここだけは本当に育った環境って大事だなぁ~と思います。

旦那家はお義母さん以外は男ということもあってか、何に関してもお義母さんが1人でやってしまう!
一応声はかけたりはされてるんですけど、男子ども聞かないからでしょうね~。
もう何にしてもお義母さんが先にやって当たり前。お義母さんの仕事でしょ?的な感じです。
それ以前に何にしてもお義母さんがやってあげすぎる傾向がある。
お腹痛いって言えば一回分薬が袋に入れられて渡される。遠征の用意も旦那がギリギリまでやらないからお義母さんがやっちゃってる。みたいなね。笑

この
誰かがやってくれる精神本っっ当に迷惑です!!!!

やる前にやれと言われると義務っぽい

旦那に疲れてしまいました。意見をいただきたいです。
私は、2歳と生後一カ月の子供をもつ二児の母です。共働きで現在は産休取得中です。夫婦二人とも出身は関西で、現在は都内に暮らしています、頼れる身内も周りにはいません。
長男が生まれた時に旦那は、全く家事をせず育児にも非協力的でした。頼まれればやると言うのですが、頼むと嫌な顔をし、頼み方が悪いと言います。
頼み方を変えると、頼まれる事が嫌だ自主的にやれなくなる、義務になるから嫌!と言われました。
自分的にたまってこれば洗濯物などもやるからほっておいて欲しいと言われ、一週間以上洗濯物がたまっていてわざと手をつけないままにしておいても旦那からやるそぶりはありませんでした。

引用元:お悩み掲示板

うちの旦那もよく言います。
「俺がやるんやから俺のタイミングでやらしてーや!」と。

別にいいんですよ?あなたのタイミングでやってもらうことに関しては。
でも、うちの旦那の場合は、例えば洗い物を頼んで寝てしまったとき、朝まで置いてあります。
朝はギリギリまで寝てバタバタと出ていくので、結局洗い物をする時間なんかないんですよね。
それを伝えた時の旦那の一言が「帰って来たらやるし、置いといて!」です。

おいおい。ちょっと待てよ。

あんたが帰ってくんの待ってたら、晩ご飯の用意できひんわ!

ですよね。
やる前に言われるのは確実にやってくれるという信用がないからです!!!
そんなことも分からずに逆ギレできるなんて恥ずかしくないのかな?
自分の日々の行動を見返してみてください。
仕事でそれ、通用しますか?
分かってからエラそーに言うてもらえる?ってかんじですね。

 

どうしたらやってくれる?

私は結論、誰かがやってくれるのが当たり前じゃなくて、自分もやらなければいけないという意識を持ってもらうしかないのかなと思います。
でも、それがすごーく難しいんですよね。男性って。
家族って時間をかけてできていくものだから、結局頼み事も口うるさく何度も伝えていくしかないのかなと思っています・・・。
あとは、本人がそれで大失敗して自分が実際に痛い目を見ないと分からないかと・・・。

頼み方も大事なんだと思います。
こっちが百歩譲って「やってくれる?」って言えば気持ちよくやってくれるのかもしれない。
でも、私思うんですよね。
そもそも、こっちが低姿勢で頼む姿勢を見せないとやってくれないなんてそれこそ、自発的じゃない!!!!って。
私ひねくれてますからね。笑

 

男も女も平等が当たり前

「女がやるのが当たり前じゃない」
そういうところから意識改革していくことが大事だと思います!
あなたに頼んだことは、あなたがやるべきことだから頼んだんですよ~ってね。
海外とかだと、家事も育児も男性も参加して当たり前ってところも多かったりしますよね。
日本人って昔からの「男は外で働いて、女は家庭を守る!」みたいなの今でも結構名残あるじゃないですか?
でもね、男性の皆さま。
今は時代が違いますから!共働きが普通ですから!女も外で働いてますから!
そこんとこちゃんと、日本のお国柄から叩き直していかないとですね!
少しずつそういう男性の方も増えてきてるみたいですが、もっともっと浸透したらいいのになぁ~と切実に思う今日この頃です・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -
ぽん
現在育休中の保育士! 一番手のかかる長男(旦那)笑 2歳と0歳の男の子のママです(^^♪ 家事育児について日々旦那とバトルしてまーす!笑











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妻と夫の事情 , 2017 All Rights Reserved.