妻と夫の事情

女性向けモニターサイト【Japamoni】

もううんざり!ユルユルすぎる旦那の金銭感覚!!

 
もちこ
WRITER
 
money



この記事を書いている人 - WRITER -
もちこ
結婚4年目、2歳の男の子を育児中の主婦です。 趣味は音楽と手芸。手先を使う細かい作業が好きで、最近はプラモ作りにも目覚めつつある31歳です。

皆さんは自分の金銭感覚に自信がありますか?

女性の方が現実主義でお金にもシビアなのに対し、男性はどんぶり勘定で超いい加減な人が意外といたりします。

無駄遣いなんかしてないもん!と自信満々な人ほど怪しいもんです。

ついついカードで買い物したり趣味にお金をつぎ込んだりしていませんか?

今回は、「旦那の金銭感覚に対する妻の不満」についてまとめていきたいと思います。

ドキッとした旦那様、奥様が爆発する前にわが身を振り返ってみてはいかかでしょうか。

旦那の金銭感覚に不満がある妻たち

旦那の金銭感覚に悩まされている女性は本当に多いんです!

まずは世間の奥様達の嘆きに耳を傾けてみましょう。

旦那の金銭感覚について。
現在七ヶ月の娘がいます。結婚してからずっと旦那の散財癖に悩んできました。
旦那は、ギャンブルは一切しません。ただ、金銭的な面で自己管理が全くできません。
例えば、社員の子達と飲みに行き、旦那が立て替えてカードで払います。立て替え分が返ってきても、そのまま財布に入れていつのまにか使ってなくなります。
また、接待と言って週2は朝帰りで飲みに行くんですがタクシー代やキャバクラ代など領収書をもらって旦那がカードで支払う→会社から返金してもらう→そのまま財布へ→いつのまにか使ってなくなる。
これを延々繰り返し、先月だけで20万使っていました。
旦那はそれをずっと黙っていて郵便受けから私に黙って明細書を隠し持ってたんですが、それに気付いて発覚しました。
元々、結婚してから旦那にカードローンで40万ほどの借金があるのを知り、ケンカになりましたが少しずつ返して残りあと少しのところまできていたので、私は旦那のカードローンが終わったらもっと貯金できると
一安心していた矢先でした。
さらに、今月の結婚記念日に15万の指輪を買ってきてくれましたが…(その時はまさかカードローンが増えてるとは思っていませんでしたし、嬉しい反面ローン返済が先なのに何故こんな高い指輪を買ってきたのか理解できませんでした。ちなみに記念日は何もいらないよ、と言っていました。)
結局、一枚のカードを限度額いっぱい使い切りました。同意の元、破棄しましたが…。
喧嘩する気力にもならず、どうしてこんな事になり得るのか?この増えた借金はどうするのか?冷静に聞いたら旦那は、どうにかなる。と真剣に言っていました。(本気でそう思ってる様子)
旦那はもう一枚カードを持っており、それも破棄させようか迷っています。ただ、旦那は管理職で接待等がありカードがなければ困るだろうとも思います。
旦那の性格上、私があまり怒ったりすればますます隠し事が増えるだけです。
最終手段として、義両親に言ってみようかと思ったんですが(義両親は理解のある人なんですが…)旦那のルーズな金銭感覚は幼い頃からの環境によるものなのでは…?とも思いますし、旦那の妹もかなりお金にルーズらしいです。
旦那の金銭感覚は信用できないと分かって
一体うちの旦那は何を考えているんでしょうか?
また、義両親に言うのはやっぱりやめとくべきでしょうか?

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これは完全にアカンやつですわ…

知らないうちに借金まみれになってるとか怖すぎてもう一緒にいられません。

クレジットカードはお金が無限にわいてくる魔法のカードじゃないぞ!

 

旦那の金銭感覚について

50歳前半の旦那ですが、毎月の給料だけでもカツカツで生活してるのに
50~60万ぐらいのA商品はほしいとか、(実際に店で下見している)

生活費、公共料金、少しばかりの貯金など差し引いたら遊びに使う
お金などないのに、外食がしたい、おいしいものが食べたい、小旅行に行くから
3万ぐらい用意しとけなど、全く家計の現状が分かってないし、私任せで
私が諭す言い方をすると、決まって「仕方がないやんけ」とか「もう、自分のために金を使う」
など言って、一家の主として無責任発言が増えてきました。

一様共働きですが、旦那は文句があるなら俺ぐらい稼げとも言います。(家事、子供の事、お金の相談など何も助けてくれないし面倒なことには聞きたくないと言って逃げます。)
離婚とかは考えてませんがどのようしたら旦那に分かってもらえるでしょうか?

数年前はこのような状態で険悪ムードになったので高価な買い物を許してしまい
今回もまた、同じになりそうで困ってます。

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

うわー出たー!

「文句があるなら同じくらい稼げ」とか、一番アウトなこと言っちゃう人!

そのくせ家のことや子どものことは奥さんに丸投げなんですよね。

もう、アホなんちゃう?

こんなん奥さんが家計管理してなかったらとっくに破産しとるわ!

誰か言ってやってよ!!

我が家の場合

 

本当はお小遣い制にしたいけど…

うちの家計管理は、毎月一定額の生活費を家計用の口座(私名義)に入れてもらうスタイルです。

保険、携帯料金など旦那名義でしか処理できないものは、給与口座から直接引き落とし。

で、残った分が旦那の取り分って感じになってます。

計算してみると結構残るんじゃないの?って思うんですが、毎月あまり残らないみたいです。

大抵のものは家計で負担してるのになんで残らないの!?

もう不思議でしょうがない!!

私としては完全にお小遣い制にしちゃいたいんです。

でも、うちの旦那はいわゆる中間管理職というやつなんですよね…

お給料は一応それなりなんですが、その分立場的にお金を出さなきゃいけない場面もあるみたいなんです。

部下と割り勘なんてかっこ悪くてさせられませんし、あまりお小遣い締め上げるのもかわいそうかなって。

泣く泣く現在のスタイルを続けている状況です。

でも子どもが生まれてからは出費がかさむ一方で、さすがに危機感がじわじわと芽生えてきました。

少しずつ生活費を値上げして、こちらで強制的に貯蓄していくことも考えてます。

もう無駄遣いはやめてくれ!

うちの旦那、仕事帰りに結構な頻度でコンビニで買い物してくるんですよね。

ジュースとか、コンビニスイーツとか、アイスとか、ビールとか、おつまみとか…

スーパーで買えば下手したら半額くらいで買えるものもあったりして、いっつもモヤモヤしてます。

もう結婚5年目なんですが、独身の頃の癖がまだまだ抜けてないんですかね。

バカなんですかねあの人。

いつもスーパーで買えば安いのにって言うんですけど、なんて返されたと思います?

「駐車場に車停めて2階まで上がるのが面倒くさい」(近所のスーパーは食料品売り場が2階)

はあぁ??

私はそのスーパーに毎回毎回通ってるんですけど。

子どもが赤ちゃんの頃は抱っこしてあやしながら、今は手をつないで駆け出したり騒ぐのをなだめたりしながらの激務ですわ。

そんな状況でもやりくり考えながら買い物してるんですけどねぇ。

こっちが一生懸命節約した分をあっさり無にするのやめてもらえます?

うちの旦那にはどうやら調教が必要なようです…はあ…

男の人ってなんであんなに金銭感覚ゆるいの!?

周りの既婚者の話を聞いていても、旦那という生き物は節約というものに無頓着な人が多いみたいです。

うちもなかなかコンビニ通いがやめられないし、煙草も酒も全然減らすつもりがないし。

そのくせ私があまり貯金できてないと言うと、「えっ、なんで?」とか言うし。

ねえ、本気で言ってんの?

食費も日用品も光熱費も、主要なものはぜーんぶ家計から出てるんですけど。

出かけたときの外食費もレジャー費もガソリン代も、ぜーんぶ家計からなんですけど。

まさかこの状況でたくさん残ると思ってんの!?

子どもが小さいうちに貯蓄しておきたいのに、しょーもないことで足を引っ張るのはやめていただきたい。

こっちは毎日家計簿をつけて節約しながら頑張ってやりくりをしているというのに。

ちょっとくらいなら大丈夫でしょって思ってるんでしょうが、それがそもそも間違いなんですよ。

ひとつひとつは数百円でも、積もり積もればすごい金額になるんだっつーの!!

一度どれだけ無駄遣いしてるかそっちも家計簿にして提出してみろや!!!

今一度お金の出入りを明確に!

無駄遣いがなくならない最大の原因は、やっぱりどんぶり勘定に他ならないです。

一度旦那さんにもレシートの提出を義務付け、家計簿で管理してみたらいいと思います。

わかりやすく数字にして現実を見せつければ、多くの男性に効果があるのではないでしょうか。

お子さんも一緒にお小遣い帳をつけるのもいいですね。

それを拒否するような旦那さんはもう完全お小遣い制

月に一回、お互いに家計簿を見せ合って収支報告をする。

これだけでいいんです!

円満な家庭運営のためには、面倒くさがらずに夫婦で協力し合わなくちゃだめですよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
もちこ
結婚4年目、2歳の男の子を育児中の主婦です。 趣味は音楽と手芸。手先を使う細かい作業が好きで、最近はプラモ作りにも目覚めつつある31歳です。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妻と夫の事情 , 2017 All Rights Reserved.