妻と夫の事情

【爆発寸前】みんなはどんな時?旦那がどうしても嫌になる時トップ10!

 
ののか
WRITER
 
夫婦喧嘩



この記事を書いている人 - WRITER -
ののか
はじめまして、ののかです。小学生になる二人の娘と毎日ガヤガヤしながら、日々頑張っています。やりたいことは星の数ほどたくさんあるけれど、時間が足りず、追いつかない毎日。いつか絶対やってやる!とノートにメモが増えていく~。

彼の事が大好きで、幸せな結婚をしたはずだったのに、「あれれ?彼ってこんなだった?」と、だんだん目についてイラッとするようなこと、誰もが経験してますよね!

家族が増えれば、なおさら!世の妻たちが思う、旦那の事が嫌になる瞬間ランキング!覗いてみたくありませんか?みんなの「あるある体験」あなたは共感派?それとも、驚愕派?!

旦那の嫌なところランキング~! 気になるみんなの第10位から!

夫婦

 

第10位 もう少し私に優しくしてもいいんじゃない?家政婦じゃないんですけど!

ありがとう」すら言ってくれない、私は家政婦じゃないけど、勘違いしてない?

せめて誕生日位は覚えていてほしい!この世にたった一人の妻ですよ!

「プレゼント買って」って言ってない。覚えていてくれることに意味がある!

本当にわかってない。他の女には優しい顔を見せるクセに!

 

第9位 ちょっと待って!自分じゃ何もできないくせに、主婦の仕事をバカにしてるよね?

「俺は一日働いて疲れてるんだ!」よく聞くセリフだけど、私だって一日遊んでいたわけではない!

働いて帰ってきて慌てて家事をする人だっているし、育児と家事の両立に追われている人だっている!

「あれどこにある?」自分の服の場所すら知らないくせに、主婦の仕事をバカにするな!

主婦の仕事の予想年収金額、知ってますか~!

集計の結果、全国の主婦(主夫)の平均家事年収は469万8,670円という結果に。属性別にみると、子持ち主婦(主夫)では552万2,853円、親&夫(妻)と同居では538万8,336円、夫(妻)と2人暮らしでは320万3,989円だった。1日の家事労働時間の合計は、平均5.3時間。

引用:主婦の年収は平均470万円 – 最も高く換算される家事は?

 

第8位 えっ?もしもし、もういい大人だよね?どうして自己管理もできないの?

金銭感覚が成長していない事に驚く、あなたは独身ではない!それ、本当に必要?

若い頃と同じように過ごして病気になる。今の自分自身と向き合って飲むのも食べるのもちゃんと考えてほしい!子供の事で大変なのに、そこまで管理できません!

 

第7位 自分の話は大好きなのに、妻の話は聞こうとしない!なら私は誰に話せばいい?

仕事の愚痴を長々と私に零すクセに、私の話は聞いてくれない。

特に義母とご近所のお付き合いの話は、我関せずで、「うまくやってくれよ」の一言で終わり。うまくやりたいから相談してるのに!

せめて子供の話くらいは聞いてよ!あなたの子供ですけど?!

 

第6位 何も手伝ってくれない!家事も育児も妻の仕事!時代遅れの旦那に嫌気!

ちょっと待って、私達、共働きだよね?

なのに女の負担の方が大きいのはどうして?二人の子供なのに、育児を妻の仕事だと思っているのは何故?

女は子供を産むと環境も生活リズムも変わるのに、何も変わろうとしないのは何故?

 

あるある度合いが急上昇?!第5位から気になる第1位!

angry woman

第5位 いつになったらやめられる?煙草とお酒にギャンブル、女!

もしも~し、既婚者になった自覚はある?

もう自分一人の身体じゃないのに、

  • 煙草は吸う
  • 二日酔いになるまで飲み続ける
  • 賭け事大好きですぐになくなるお小遣い
  • 子供もいるくせに他の女に浮気する!

あ~、もう、どうしてこんな人と結婚してしまったのか!?後悔の嵐が今日も吹き荒れる!

 

第4位 どうしてそうなるの?旦那の傲慢なところが嫌!

どんどんデリカシーがなくなっていく。それでいて、妻もちょっとだらけると、他の女に目移りする。

自分が一番正しいと思っていて、人の意見をちっとも聞かない。

間違えても謝らないし、よくわからない屁理屈をこねて言い訳する。

子供か?と呆れます。

 

第3位 何度言ってもなおらない!長年しみついた習慣やクセ!もうあきらめるしかないの?

「何度同じセリフを口にすればいい?」脱いだ形のまま丸まったままの靴下、びちゃびちゃにする洗面台。

ゲップやおならを人前でしても恥ずかしいことだと感じていない。一緒にいる方が恥ずかしい。

これじゃぁ、百年の恋も確実に冷めます。

 

第2位 そのとおり!と頷く人がいっぱい!旦那が自己中心的!

子供が生まれたのに、生まれる前の生活をキープしようとしてるよね?

自分の趣味に独身時代と変わらずお金も時間もつぎ込んで、遊びに明け暮れる様子に唖然。

それも悪びれもせず、さも当然のように!

ちょっと待って、あなたは父親になったんですよ~!

 

第1位 断トツでトップ!旦那の全てがだらしない!

出したら出しっぱなし、使ったらやりっぱなし、物は片づけない、脱ぎっぱなし、言い出したら止まらない!

旦那のだらしなさにあきれ果て、絶対に我が子よりも面倒な大きな子供だ!

知らないのは本人だけ。

 

私もあります!実はここが嫌・嫌ポイント!

長年一緒に過ごしていれば、好きという気持ちだけではいられない。相手の嫌なところもチラホラ――、どころか、そこばかりが目につく!

私の場合、それが原因で離婚となるような大きな「嫌嫌ポイント」はないけれど、小さい事は盛り沢山!

一番は『おなら』です。

お食事中でしたらすいません。「ごめんね」と一言、言ってくれれば、笑って許せるのに何も言わない。生理現象なので仕方ないけど、悪いと思っていないところ嫌!

もう一つ、別の嫌嫌ポイントは、食事ができた時すぐに食卓についてくれないところ

「えっ!そんなこと?」と笑われてしまいそうですが、嫌なんです!

いつも家族みんなでご飯を食べれるわけではないので、食べれる時こそ「ご飯出来たよ~」の合図に即座に反応して欲しい!

でも、スマホをいじってる途中だから、とか、テレビの途中だからとか、などと理由をつけ、なかなか座らない。

ご飯の熱が冷めるのに反比例で、私のイライラメーターは急上昇!

メーターの器が浅くて恥ずかしいですが、私の嫌嫌ポイントは=夫に直してほしいポイントです!

 

「それ、嫌なんだけど」もちろん、言ったことあります!だって言わなきゃ永遠に気付きません!

最初の頃は私も可愛く言ってた。「ご飯が冷めちゃうから、早く一緒に食べようよ」もう随分と口にしていないセリフですが……、効果はゼロ。生返事が返ってきただけ。何度か頑張りましたが、右から左なので諦めモード。

我が家には結婚当初、あるルールがあったのでそれを利用することにしたのです!それは、年末の31日の日に、お互いに相手の直してほしいところを紙に書いて交換するというもの。

今思うと笑ってしまいますが、当時は真剣。普段言いづらい内容でも、その日は言ってもいいとなっているので、お互いに箇条書きで書きあうのです。

もちろん、「えっ、そんな事思われてたんだ!」と驚く内容に凹む自分もいたけれど、私も書きましたよ、それもたくさん。

その中の一つに「ご飯は暖かいうちに食べたいので早く席について欲しい」と入れました。

当たり前すぎる事を書かれたことに、夫は目が点。私がそこまで直してほしいと思っていると、感じていなかったようです。

効果があったかどうかは今でも謎ですが、私が真剣に訴えていたという気持ちは伝わりました。

今はなくなってしまった、我が家の懐かしいルールです!

 

小さな不満を言い出せばキリがない!だからこそ、それを帳消しにするための会話の時間、絶対必要!

夫婦

我が家の娘は二人とも小学校生活が折り返しに入り、だいぶ手がかからなくなりました。

最近では「手よりもお金」ですかね、笑えませんが。

そんなこんなで子供達だけで留守番もできるようになったので、忘れた頃に――、という長いスパンで夫と2人で出かけてます。

普段、会話という会話をしなくても生活は成り立ってしまうので、会話する相手が夫しかいないという状況をわざと作るのが目的。将来の仮面夫婦にならないための努力ですね。なんとなく気まずく感じていても2人で出かけてます。(笑)

子供が離れていくのは思った以上に早い!すでに我が家は「育てる」から「見守る」にシフトしつつあります。

それなのに、夫と距離ができていたら老後が辛い。

寂しい同居人にはなりたくないので、いっぱいおしゃべりしましょう!

文句だってなんだって、話さないよりは絶対にいい、まずは向き合うこと!

 

まずは会話!不満を言うのも、話し合うのも会話から

読めば読むほどヒートアップしてしまいそうなランキングでしたね!

旦那の嫌なところ、笑い飛ばせるようになるのも、やっぱり会話があればこそ!

「ありがとう」「ごめんね」がもう少し楽に言えるようになれば、笑って許せるような事きっといっぱいありますよ!

参考にしたサイト:https://allabout.co.jp/gm/gc/184871/
この記事を書いている人 - WRITER -
ののか
はじめまして、ののかです。小学生になる二人の娘と毎日ガヤガヤしながら、日々頑張っています。やりたいことは星の数ほどたくさんあるけれど、時間が足りず、追いつかない毎日。いつか絶対やってやる!とノートにメモが増えていく~。











- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妻と夫の事情 , 2017 All Rights Reserved.